ご葬儀や音楽葬の音響・映像・照明の依頼

ご葬儀や自由葬(音楽葬)の音響のご質問やご依頼が数多く寄せられる様になりましたので、少しご葬儀の際についての音響・映像・照明のご説明を致します。 ご葬儀の形としえて「一般葬」「社葬」「生前葬」「家族葬」「自由葬」など様々な種類があり、会場も「自宅」「葬儀社式場」「火葬場併設式場」「民営式場」「公民館」などご予算や予約状況によって異なっております。 会場には音響や照明がついている会場がほとんどですが、公民館で行う場合や自由葬(音楽葬)で行う時に音響・映像・照明についてのご相談が多くなります。
●小型のプロジェクターにて生前の活躍の様子を流したい
●32型程度のモニターを複数用意して参列の際に思い出の写真や動画を参列者にご覧なられたい
●自由葬で上質なスピーカーと音響PAにより進行の際やBGMをお願いしたい などなど多数のご相談を頂いております。



音楽葬とは


音楽葬とは故人が生前に愛された曲を中心に流し故人を見送るお葬式になります。音楽が好きで最後まで音楽と共に過ごしたい方がご希望なさり音楽ともに歩んだ故人の思い出やらしさがしっかりと残るお葬式ともいえます。 無宗教の方は読経などを行わずに故人の愛した音楽を中心に流し、仏教やキリスト教の方は供花に際して献奏という形で音楽を流したり、読経の時は音楽を止め終わると再び音楽を流すお葬式になります。

音楽葬の実例

音楽葬を行う際は生演奏を行う場合とCDやレコードなど音響設備にて行う場合とに分かれます。クラッシック好きな方は生演奏にて行う場合が御座いますのがスペースのご関係や費用の予算などでCDやレコードで代用する方の方がし主流になります。上質なスピーカーと熟練された音響PAにて故人が愛していた音楽や曲を贈る最後のプレゼントとしてご好評あります。また、読経の際にもご使用可能ですので上質なスピーカーによる読経は感銘深いものがあります。

音楽葬の注意点

一般的にまだ認知されていない音楽葬は度々誤解を招くことが御座います。参列者の方々には事前に音楽葬を行うという事をご連絡し、会場には音楽葬を行って良いか確認をしなければなりません。葬儀社式場、葬儀社には音楽不可という場所がありますので事前に確認をしておきましょう。

ご葬儀や音楽葬の音響・映像・照明のお見積り


故人が生前愛していたアーティストの音楽を流しながらの音楽葬を行いたいと思います。生演奏とかじゃなく会場に心地よう程度の音量で上質な音楽を流してほしいと考えております。部屋ごとにきちんとスピーカーから流れる音楽が聞こえ、上質な葬儀にしたいと考えております。そこでお見積りを頂けないでしょうか。


父はジャズをこよなく愛し毎晩ジャズを聴いておりました。ライブハウスやジャズバーなどよく足を運んび音楽を楽しむのが好きで、葬儀はジャズが流れている音楽葬を希望しております。会場の見取り図をお送り致しますので、ジャズの音楽葬が可能なお見積りを頂けないでしょうか。

宗教にとらわれない葬儀を行う方が増えてきました。そこで社葬や自由葬や家族葬を行う際、お見積りに関するご相談が御座いましたら、お気軽にご連絡下さい。
全てのご要望にお応えできるように様々なプランをご用意しております。どんな些細な要望でもお悩みも音響PAや映像エンジニアや照明スタッフが全力をもってお答えいたします。
お見積りのご相談やご葬儀や音楽葬でのご不明点やお悩みが御座いましたら、お気軽にご連絡して下さい!お待ちしております。



First Soundに葬儀や音楽葬の 音響・映像・照明の施工依頼はお任せ!


first sound(ファーストサウンド)ではお客様のご予算に合わせた最良のお得プランをご用意いたしており、東京23区・東京都市部・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・静岡 - 関東甲信越全域のイベントを取り扱っております。
【無料】にてお見積りご提案させていただいております。
下記の問い合わせフォームよりご予算・イベント内容を明記の上、ご連絡ください。
2日以上のレンタル価格には圧倒的な自信があります!
ご利用お待ちしております!!