選挙・選挙カーの音響・映像・照明はお任せ

選挙で対立候補に一票でも多く取るため演説会場や街頭演説や選挙カーに乗り込みうぐいす嬢や事務員と共に政治に対する訴えを皆さんに伝えるのです。 立候補者の中には演説を1週間で300回以上も行うほどのハードスケジュールになるのです。選挙ではこの熱意が最大の武器になり、『訴え』を有権者にダイレクトに届くように選挙活動を行っていくのです。


立候補者の声がより多くの有権者に思うを伝えるには、選挙に適した音響設備が必要となります。選挙演説の9割以上が野外や移動中に行われており、選挙音響として適したセッティングを行っているのか重要になります。 有権者の方は心地よい演説以外は不快に感じるものです。音質の悪い音やハウリングが起きやすい機材で演説を行うよりも、選挙に適した音響で思いや訴えを演説してみませんか。


有権者の足を止める選挙カーの音響システム


選挙カーは選挙区内を午前8時から午後8時の時間の間に有権者がお住まいになっている区間に出向き、立候補者のマニフェストをアピール出来る選挙にとって欠かせない音響車です。移動効果により多くの有権者にアピール出来き、音響により演説を届け、看板にて有権者に名前を憶えて貰うことが出来る事が可能になります。 お年寄りの多く住まわれている地域は午前中の時間に回り、家族が住まわれている地域は午後と夕方に回るなどターゲットを絞った演説が可能になりますが、一歩間違えれば有権者にとっては騒音とみなされる可能性が高くなります。 選挙カーは低速ですが、移動しながらの演説になることも多々あり、動くことによって音の聞こえ方が変わってきます。そのため建物内にいる有権者へ伝えるにはより聞き取りやすい音響を使うことは重要です。 ほかの立候補者とは違った選挙カーを走らせる予定という際も、様々なデザインのスピーカーがあります。選挙カーの看板を目立たせる照明も各種ございます。 スピーカーボリュームやスピーカーの音質など音響設備により、有権者に心地よい演説を届けるのがポイントになります。音が割るスピーカーからの演説より音が届く音響システム、車搭載用のアンプなどご依頼お待ちしております。で有権者にとって心地よい演説をしてみてはいかがでしょうか。


映像・音響・照明を使った選挙の屋内演説会


公職選挙法が改正され、屋内の演説会場においての選挙運動のために行う映写等が解禁になりました。これまで、大規模の演説会場では遠くで聞く有権者には表情が伝わりにくいということがありましたが、巨大モニターを設置するなど、映像を使ってのアピールができるようになり、以前と比べると映像を使った選挙活動が増えてきました。モニターを設置することにより、映像によって表情だけでなくしぐさ、熱意を広い範囲に伝えることができるようになりました。有権者の記憶に残りやすい演説会を成功させてみませんか。 さらにインターネットを利用しての選挙活動も始まり、これからは動画や演説会のライブ映像で多くの有権者に政策をアピールできるようになりました。人間は外界から得た情報の8割は視覚から得るという研究データもあり、有権者へ印象を残すようなアピールには映像の効果は無視できません。

演説会において、候補者や政党のウェブサイトをスクリーンに映写しながら政策を訴える、といったことも可能になりました。ウェブサイトを映写しながらの講演会が可能になるということは、今まで声だけで伝えていたことが、映像と声両方で伝えることができることになったということで、有権者への記憶に残りやすくなったことは間違いないでしょう。 演説会にモニターを設置するだけでなく、照明も効果的に使うことによって、距離のある有権者にも見やすく心に響く演出効果のお手伝いをいたします。衆議院・参議院議員選挙、知事選挙、県議会議員選挙、市長選挙、市区町村議会選挙など、予算に応じてご提案させていただきますのでお気軽にお見積りのご相談ください。

街頭演説の音響効果


街頭演説は午前8時から午後8時までに限られた時間の中で、早朝や夕方の駅前などでビジネスマンやOLに対して演説や商業施設など有権者に向けてマニフェストを伝える場なのです。人通りの多い時間帯や場所または風や雨など天候にも左右され演説を行う為、スピーカー選びからマイク選びまで時間帯と人の流れに適した機材を選ばなければいけません。特に朝は有権者の方は時間がない方がほとんどで些細な音などで不愉快になりがちなので慎重に行いましょう。 選挙の街頭演説は、足を止めて聞いてくれる有権者も多いですが、室内で作業中であったり、歩いている最中の人も少なくありません。どんなすばらしい演説をしても声が聞き取りづかった場合聞いてくれる人は少なくなります。選挙に関するアンケートで、選挙期間中に36パーセント以上もの有権者が街頭演説を見聞きしたという結果が出ている通り、選挙ポスターをはることに続いて有権者への接触度が高い選挙活動になります。選挙区によっては何千人の聴衆でにぎわうような街頭演説もありますが、うるさいだけの音響では多くの有権者に声を届けるのが難しくなります。 音響のプロフェッショナルが使う機器を使って遠くまで、野外ノイズにまけずクリアに声を届けるマイクパフォーマンスで有権者にアピールしてみませんか。 都市部など、選挙区域が狭いエリアでは、街頭演説中に対立候補とバッティングすることも少なくありません。そんな時は、クリアな音響の演説で有権者にこちらへ足や耳を傾けてもらうことは重要です。車の入れない場所への徒歩での演説でも、持ち運び用の音響など各種ございます。選挙カー向けの音響PAや照明の依頼も承ります。

個人演説の音響効果


個人演説は主に室内(体育館や公民館や貸し会議室やコミュニティーセンターなど)を借りて行われる演説の事を言います。※地域の公民館には選挙期間中は無料にて会場を貸してくれる場所がありますので、事前に確認し申し込みましょう。音響に付きましては会場の参加数により、スピーカー数や立候補者の演説スタイルにより様々なマイクをご用意できます。 施設によっては簡易なマイク、連絡用スピーカー設備のみの場所もあるので、事前に音響設備の確認が重要になります。後ろに座る有権者にまでしっかり声が伝わるように音響を意識することが必須です。会場の規模に見合った音響のご提案をいたします。 インターネットを使っての選挙戦が解禁になりました。それにあたって個人演説会の会場でライブ映像やインターネット上にあげた自分のホームページも映像で流すことができるようになりました。映像を使った演説を考えている際もお見積りいたします。

選挙・選挙カーの音響・映像・照明依頼


選挙活動では決められた期間の中で、候補者の名前をしってもらえることは最低限必要ですが、有権者へいかに政策アピールできるか、記憶に残るような活動をするかが求められます。より多くの人へ、より多くの政策を伝えることができるかが重要です。演説の中身が一番大切ですが、対立候補の選挙活動との差別化を図るために聴衆に聞き取りやすい音響、演説会で遠くからでも候補者の表情を伝えることができる映像、看板を引き立てる照明を使った選挙活動は効果的です。 限られた予算の中でよりよいパフォーマンスを考えている、今まで使っていた音響設備などに不満がある、音響のプロが使う機器で声を伝える選挙活動にこだわりたい、演説会で映像や音響にこだわりたいなど、お気軽にご依頼ください。 選挙を勝ち抜く為には、推奨する音響・照明・製造設備で街頭演説や演説会場を開いて有権者にマニフェストや熱意を届けたいと考えていらっしゃる立候補者様!御社が理想とする選挙活動をご提案が可能になりますのでお気軽にご相談して下さい!

《良くある音響・映像依頼のご依頼意見》

街頭演説を行う際にメガホン型拡声器じゃなくコンパクトスピーカーにてスタイリッシュに演説を行いたいのですがレンタル見積もりを頂けないでしょうか。

選挙カーにて質問が御座います。選挙カーを宣伝カーに近い形での活動を考えております。看板に照明を当て、音響機材はスピーカーの品質を上げ有権者に演説をお届けしたく思っております。お見積りを頂けないでしょうか。

演説会場1500名規模にて演説を行う予定になます。ワイヤレスインカムを用いてジェスチャーをより取り入れた演説を行いたく考えております。お見積りを頂けないでしょうか。

などのお見積り依頼やご依頼要望が多数届いており、全てのご要望にお応えできるように様々なプランをご用意しております。どんな些細な要望でもお悩みも音響PAや映像エンジニアや照明スタッフが全力をもってお答えいたします。 お見積りのご相談や選挙・選挙カーでのご不明点やお悩みが御座いましたら、お気軽にご連絡して下さい!お待ちしております。

ミナモトビジョンではお客様のご予算に合わせた最良のお得プランをご用意いたしており、東京23区・東京都市部・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・静岡 - 関東甲信越全域のイベントを取り扱っております。
【無料】にてお見積りご提案させていただいております。
下記の問い合わせフォームよりご予算・イベント内容を明記の上、ご連絡ください。
2日以上のレンタル価格には圧倒的な自信があります!
ご利用お待ちしております!!